Pokerプロを日本で職業へ 3MillionPokerClubがプロポーカー協会主催のプロ試験 「Western Pro Poker Tour 2022」協賛へ

by 田中一真

Pokerプロを日本で職業へ
3MillionPokerClubがプロポーカー協会主催の
プロ試験 「Western Pro Poker Tour 2022」協賛へ

 

ポーカー上達のためのオンラインサロン「3MillionPokerClub(以下、3MPC)」の開発・運営・提供を行う、株式会社Re-Raise(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:田中一真、取締役執行役員:青山輝久、葛谷大志、西出裕貴、木原直哉、野崎真吾以下、当社)は、プロポーカー協会が主催する「Western Pro Poker Tour 2022」の大会へ協賛することを発表いたします。


※記事を最後まで読んでいただいた方には、お得な特典がございますので、是非最後まで読んでいただけると幸いです。


この記事では、世間で話題になりつつあるプロ試験とは何か。そしてなぜ、当社が協賛するに至ったかをご説明していきます。


プロ試験「Western Pro Poker Tour 2022」とは?

プロ試験

 

日本での法令遵守を前提に、日本でポーカープロという職業を生み出すための初めての試みとなる大会で、第1回の賞金総額は1000万円で、この賞金は、プロ認定された18名の中から順位によって賞金が配分される。(それぞれの報酬は下記の画像参照)

 

 prize


また、このプロ認定者のみで開催される賞金総額1000万円のトーナメントは年3回開催され、参加費は一切かからない。


プロ認定されるにはどうすれば良いのか?


では、年3回のプロ認定者同士で戦うトーナメントに出場するにはどうすれば良いのか?

結論から言えば、”予選(プロ認定試験)”を勝ち抜く必要がある。


予選は、1次試験・2次試験・3次試験の3回に分けて開催され、1次試験の通過率は「20%」2次試験の通過率は「10%」そして3次試験はプロ認定者「18名※」が決まるまで実施される。

※ただし、18名になるのは第1回のみで、第2回予選からは9名を選出する。


プロ試験Scheme

 

プロ認定後はどうなるのか?


プロ認定後は、下記の図のようにプロ認定者18名で、プロトーナメント兼プロ入れ替え戦を実施。上位9名は順位に従って、賞金(図1を参照)を現金振込で受け取ることができる。また、賞金だけでなく上位9名には予選なしで第2回のプロトーナメントへの出場権利、3MPCのサービスを4ヶ月間無料で受講できる権利が与えられ、各種メディアからの取材などにも対応いただき、賞金とさらにスキルを向上させるための環境、そして名誉も与えられることになる。

一方で、下位9名においても年3回開催されるプロトーナメント出場権は与えられる。

つまり、第1回プロトーナメントは「18名」、第2回プロトーナメントは「27名」、第3回プロトーナメントは「36名」で開催されることになる。

年3回のトーナメントが終われば、3回分の総合成績によって、上位27名と下位9名に分類され、上位27名は来期のトーナメントの3回分の出場権が与えられる。

一方で、下位9名においては、ここで敗退となり、1次予選からのやり直しになるが、当社では、ここまで勝ち進んだプレイヤーに対して敬意を評して、プロトーナメントのプレーを振り返る個別コーチングなども検討している。

 

ProSheme2

 

なぜ「プロ」という呼称にこだわるのか?


その解は、法令遵守という点に集約される。

皆様もご存じの通り、刑法185条、186条のギャンブル禁止法と景品法により、日本ではギャンブル行為が下記のように規制されています。

第185条 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

第186条 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する

商品・サービスの質や価格面での競争は、事業者、消費者の双方にとって有益なものです。しかし、事業者が過大景品を提供することにより消費者が過大景品に惑わされて質の良くないものや割高なものを買わされてしまうことは、消費者にとって不利益になるものです。また、過大景品による競争がエスカレートすると、事業者は商品・サービスそのものでの競争に力を入れなくなり、これがまた消費者の不利益につながっていくという悪循環を生むおそれがあります。

  このため、景品表示法では、景品類の最高額、総額等を規制することにより、
  一般消費者の利益を保護するとともに、過大景品による不健全な競争を
  防止しています。

景品規制法の詳細はこちら

出所:消費者庁HPより

具体的にわかりやすく言えば、法令遵守の前提に立つと、トーナメントに参加費が発生するトーナメントによって、賞金を配布することができないのです。


しかし、今回の企画のようにプロを認定して、プロが出場するトーナメントは無料であり、その成績に対する報酬としてであれば、法令遵守を前提とした取り組みになっている。

 

Sheme3

なぜ協賛することに決めたのか?

3MPCのMissionは「ポーカーを産業にすること」

 

前提として、3MPCは事業を通して、ポーカーを産業することを目的とし、事業を展開しているがポーカー産業の発展には、「勝利」「普及」「資金」の3つのバリューを好循環させていくことが重要だと考えている。

3value出所:当社中期経営計画資料より  

 

3つのバリューが好循環となる具体的イメージとしては、下記の図のようになる。

3MPCは、下記の中で、「勝利」というバリューの「スター選手の誕生」というカットを起点にサービスの提供を開始し、これまで事業を展開してきた。

3value_detail



まずそもそも3MPCではポーカープロをどのように定義しているのか?

それは、下記3つの要素を満たす人物であると考えている。

  1. ポーカーのスキルが平均値より高く期待値の高いプレーをできること
  2. 他ポーカープレイヤーの規範となり、一人でユーザーを魅了することができ、その人気によって人を集めることができる。
  3. ポーカーだけで、生計を立てる能力があること

これまでは、1と3の期待値が高いプレーし、生計を立てているプレイヤーが俗に言う「プロ」と定義されていたが、ポーカー産業の発展には、2つに加え、普及活動ができるプレイヤーいわゆる「スタープレイヤー」の存在が重要なファクターとなると当社では考えている。

これらの前提にたつと、日本において「スター=プロを生み出す大会や機会」の提供が産業発展には重要となる。

プロ試験「Western Pro Poker Tour 2022」はその第一歩のポテンシャルを秘めた機会だと考えている。





最後に


3MPCでは、「ポーカー上達の全てが詰まったプラットフォームを提供する」をモットーに、ポーカースキル上達に寄与する様々なサービスを提供しております。

ポーカーで実際に生計を立てたい方、プロの思考やプレーを理解したい方

3MPCはスキルアップしたい全てのプレイヤーのために設計されています。

是非、ご入会くださいませ!今なら1週間無料でご体験可能です。

 

 6key



ここまで読んでいただきありがとうございました。

それではプレゼントキャンペーンです!

この記事をSNSでツイート+プロポーカー協会のTwitterアカウントをフォローいただき、下記のフォームに情報を入力していただいた方の中から抽選で50名の方に下記の電子書籍をプレゼントいたします!

アクション大全

ライブポーカーでも使えるベット頻度・サイズを深堀し、研究した書籍になります!ぜひ、ゲットしてください!

 

応募フォームはこちら

 

3MillionPokerClubの入会はこちら

https://www.3million-pokerclub.com/pages/lp-202010

プロポーカー協会のTwitterアカウントはこちら

https://twitter.com/ProPokerAssoc

3MIllionPokerClubのTwitterアカウントはこちら

https://twitter.com/3million_poker