【PLOコンテンツ始動!】実は間違いだらけのPLO戦略!プロが実践する克服のための学習法とは!?

by 田中一真

〜はじめに〜

全国のPokerプレイヤーの皆様!

お世話になっております!!

3MillionPokerClub運営の田中です!

3MillionPokerClubでは、”Poker上達の最適解を網羅する!”をモットーに

  1. 会員様同士で議論できるコミュニティ
  2. 個人にカスタマイズされたコーチングサービス
  3. Pokerの戦略や戦術そして周辺のナレッジを体系化した電子書籍サービス
  4. Pokerのプロが戦略やプレーを解説した動画サービス
  5. 毎週日曜日に開催されるフリーロール 「3MillionPokerLeague」
  6. 会員同士の交流を測れるオンライン交流会
    ・・・etc

など数多くのサービスを展開しているサブスクリプション型のプラットフォームサービスです。

これまで青山、葛谷を中心にNolimit Holdemの戦略や戦術を中心に展開してきましたが世界で人気のゲームの1つのPot Limit Omaha(以下、PLO)のコンテンツは展開できておりませんでした。

そして今回!!

PLO界の若きニュースターの堀修を迎え入れPLOコンテンツを充実させることとなりました!!

 

まずは堀修をご存知ない方も多いと思いますので、堀より自己紹介がてら

「実は間違いだらけのPLO戦略」というテーマで下記の記事をご覧くださいませ!!

 新しいコーチ堀修とは!?

hori

 

hori_logo

ご挨拶

皆さんこんにちは!!


この度、3million poker clubさんからご依頼を頂いてPot limit omaha(ポットリミットオマハ)というゲームについてのこの記事を書かせて頂くことになりました、Osamuと申します!

PokerStarsでは pon624674 というIDで、主に100PLOzや$1-2までのPLOリングゲームをプレイしています!


あまりポーカー界に向けての発信などは積極的にして来なかった為、ほとんどの方には初めましてになると思いますので軽い自己紹介から始めさせて頂きます!



僕は1996年生まれの24歳で、なんと三億円事件があった府中市で生まれ育ちました!

おそらく、3MPCさんに今回のお話をご提案頂いた決め手はそこだろうと思っています。



ポーカーは18歳の頃にラウンダーズを観てプレイをスタートし、22歳の頃APPT韓国のPLOイベントを優勝したこと、その当時キャッシュゲームの成績もそれなりに良かった事をきっかけにフルタイムのポーカープレイヤーとして活動を始めました!

image1



現在プレイしているゲームは主に

・$10-20までのライブキャッシュ

・$2-5までのオンラインキャッシュ

・PokerStarsの100PLOz

になります!



下記は、今年のPokerStarsの収支になります!


zoom形式のポーカーを良くプレイされている方々にはハンド数が不十分だと言われてしまいそうですがメインでプレイしているフィールドでは無いのでご容赦下さい!笑

あくまで参考までに、、、

そもそもPLOって??


さて!

今回の記事ではPot limit omahaというゲームについて、既にメインでプレイされている方もいらっしゃればゲームの名前くらいしか知らないというような方も居らっしゃると思いますので、ざっくりとルール説明から始めさせて頂いて、今PLOをプレイする事をオススメできる理由までを話して行きたいと思います!


少し長くなりますが、記事の最後にPLOに関するクイズなんかも用意したのでお付き合い下さい。

結構面白い問題が作れたので、お忙しい方は一旦記事を読み飛ばしてでも解いてみてほしいです(笑)


1.How to play Pot limit Omaha.


Pot limit Omaha(以下PLOとします。)は、一番ポピュラーなNo limit Hold'emと同じで、プリフロップ→フロップ→ターン→リバーの流れでプレイされます。

NLHEと違う点は大きく分けて3つ。

  1. プリフロップでは各プレイヤーに4枚のカードが配られる事
  2. ベットとレイズの金額がポットにある金額によって制限される
  3. ショウダウン時、手札から2枚、コミュニティカードから3枚の組み合わせで役を作らなければならない。

詳細説明をしていきます!


まず①についてですが、おそらくこれは細かい説明は不要だと思います。

NLHEでは2枚の手札がプリフロップで配られますが、それがPLOでは4枚配られます。



次に②ですが、これは慣れてないとかなり複雑です。

まずベットに関しては、ポットサイズがそのまま限度額になります。

例えば$1-2のゲームでポットに55ドルあったとしたら、ベットできる金額の範囲は2ドルから55ドルの間になります。

難しいのはレイズの方です。


計算式は

前のプレイヤーのベットorレイズ×3+そのプレイヤーがベットorレイズをする前のポット金額

になります。

例えば

前のプレイヤーが100ドルのポットに40ドルをベットしていたとしたら、

$40×3+$100=$220

よって220ドルがレイズの上限金額

になります。


プリフロップも同様です。

$1-2のゲームをプレイしていたとしたら、オープン出来るリミットは

$2×3+$1=$7

となります。


3betの金額も同様に

$7×3+$3=$24

となります。


正直難しいですよね、、、

でもご安心ください!

pot

pokerstarsを始め、オンラインポーカーではこのボタンを押せば全てが解決します!


アミューズメントさんやカジノでプレイする場合も、ポットと発声をすれば慣れているディーラーさんが計算をしてポットリミットの金額を伝えてくれますので大丈夫です!


少しずつ慣れていきましょう!



最後に③

ショウダウン時には必ず、手札4枚の中から2枚、コミュニティカード5枚の中から3枚の合計5枚の組み合わせで役を作らなければいけません。


例えば、

手札がA♠︎A♣︎K♣︎Q♦️、

コミュニティカードが8♠︎7♠︎4♠︎2♠︎J♦️と出たとき、

ショウダウン時のこちらの役はAのワンペアとなります。(A♠︎A♣︎J♦️8♠︎7♠︎)



このように、コミュニティカードに4枚スペードが出ていたとしても、手札にスペードが1枚ではフラッシュになりません。


これも少し複雑ですが、個人的にはとてもバランスが取れていて良いルールだと思います。


だって、例えば87654みたいなボードで自分がT9の上ストレートを持っているのに、相手の手札からAのクワッズが出てきてポットを奪われたらすごく理不尽じゃないですか??


僕は多分ティルトします。




2.なぜ今 PLOをプレーするのか?



さて!続いてこの章ではPLOというゲームについて、ゲームの状況について詳しくお話ししていきたいと思います。


この記事を読んで下さっている方の中で、PLOを普段あまりプレイしない方がいらっしゃるとしたら、おそらくNLHEのキャッシュゲームプレイヤーもしくはトーナメントプレイヤーに分かれるかと思いますが、

僕はその両方に自信を持ってPLOのプレイをオススメ出来ます


なぜここまで言い切れるか。

そこにはもちろん色々な理由がありますが、最も大きな理由としては2つあります


一つ目の理由はすごく単純です。

それはPLOというゲームがとても楽しいことです!!


僕は本当にこのポットリミットオマハというゲームが大好きです(笑)

プレイしていて勝っていても負けていても、なんなら勉強をしている時間でさえもとても楽しいです。GTOの解の美しさについてとかも話したいですが記事の目的とずれそうなので一旦やめておきます、、、語りたい方がいましたら是非いつでも!


まあそんな難しいことを抜きにしても、PLOというゲームは本当にいろんな方に楽しんでもらえると思います!手札が4枚ある分大きな役も出来やすく、その分ポットも膨らんでいきやすいアクションゲームです。

それに、これを読んでいる皆さんは少なくともNLHEはプレイされていますよね。

ポーカーを覚えた当初を思い出すと、勝ち負けなんかを抜きにしても純粋にすごく楽しかったんじゃないかなと思います。

すでにNLHEを楽しんでプレイされてきた皆さんならきっとPLOも同じように楽しむことができると思います!


息抜き程度にでも、まずはプレイしてもらえたらなと思います。




そして二つ目、

PLOは現状NLHEと比べて、キャッシュゲームもトーナメントも非常にテーブルがソフトです。


PLOは本当にソフトです。

レギュラープレイヤーのスキルレベルも平均してあまり高くないですし、レクリエーショナルプレイヤーもすごく比率が高い上、レクリエーショナル度がすごいです(笑)

PokerStarsのようなレベルの高いサイトですらVPIP60%を超えてるようなプレイヤーを頻繁に見ますし(それも$1-2のようなミドルレートで!)、ライブはよりソフトです。


ライブの同じレートのPLOとNLHEを比較して、時給10bbのような高いウィンレートを出すのに要求されるスキルレベルはNLHEの方が遥かに高いなと常々感じています。





これはよく海外の掲示板での議論などで見るのですが、NLHEに比べてPLOのプレイヤー全体の技術の進歩は2〜3年遅れていると言われています。


その理由はいくつかあります。

まずシンプルに、NLHEよりも流行りだした時期が遅いこと。詳しい年代まではわからないのですが、ライブでもオンラインでもNLHEに比べてとても歴史の浅いゲームだと言われています。


後はPLOはレクリエーショナルプレイヤーの比率が高すぎて、しかもNLHEと比較にならない程チップをばらまくからシリアスプレイヤーが研究や座学をサボっているんじゃないかなんて面白い意見も見たことがあります(笑)


ただ一番大きな理由は、そもそもPLOの勉強をするためのコンテンツやツール、そして知識が比較的普及していない事だと思います。特に日本ではそう感じます。


割と当たり前に思っているプレイが、実はあまり良くないプレイだったなんてことも、僕自身も良くあります笑

(記事の最後に、多くのプレイヤーが間違いやすいシチュエーションをいくつか問題形式で用意したので是非挑戦してみてください!)



まあ結果的にその部分で苦労をしてしまうことが多く、せっかく新しいプレイヤーが参入してきてもすぐに辞めてしまっているのかなと思います。



しかし、正しい方法で勉強をしていくことが出来れば、ゲームの勝ち組に辿り着くスピードはNLHEよりもずっと早いだろうと思っています


僕自身、NLHEをプレイしていた時は、まあ全く勝てなかったわけではないですがパッとした結果は出せないプレイヤーでした。

詳しくは曖昧なのですが、2年くらいやって25NLギリギリ勝てるかな~ってくらいだったと思います。

まあそんな僕ですが、PLOを初めてからNLHEと同じくらい勝てるようになるまでは半年くらいで、海外のコーチングサイトやツールを使うようになって自分なりに正しい道順で勉強が出来るようになってからで言うと二か月くらいでしょうか。


3MPCのKuzさんも、昔はキャッシュゲームで中々思うような結果が得られず、そんな時に先輩のPLOの鉄強プレイヤーの方にPLOをやってみようとお勧めいただいたところから、教わりながらプレイをはじめてそこからとても安定した成績を出されてたと思います。

(ちなみに今は皆さんご存知かと思いますが主戦場をNLHEに戻して活躍されています!)




ですがやはり日本語のPLOの教材などは圧倒的に不足しているのが現状で、しっかりとした勉強をしようとすると日本の勝っているプレイヤーにコーチングを受けるか(おそらくコーチング料金の相場は現状かなり高いです)、海外のコーチングサイトやツールを使うことになり、

それにはある程度の英語力が必須で障壁が高いなと感じている人も多いのではないかと思います。


そんな現状から、ありがたいことに今回3MPCさんの方からPLOのコンテンツ配信やコーチングを一緒にやっていこうというお話を頂きました。


皆さんの中にはもしかしたら、僕に本当にそれに値する実力や実績があるのかと疑問に思う人もいるんじゃないかなと思います。

正直それは、僕にもはっきりとは分かりません(笑)


今3MPCさんでコーチをやっている方々は皆さんプレイヤーとしてもコーチとしても一流のプレイヤーです。

それだけ求められる敷居も高いのは当然だと思います。


実績というとどこまで積み重ねても足りないんじゃないかなと思いますし、ライブキャッシュや一部のサイトの収支などは目にみえるような形でお見せするのは難しいので尚更です、、、


ですが、自分なりに勉強してきた事や取り組んできた事には自信があります

自分はあまり才能のあるプレイヤーではないと自負しているので、その分座学に、特にプリフロップやフロップのシチュエーション毎のGTO戦略とその背景にある要素(エクイティや細かいブロッカーなど)を理解すること、そしてそれに基づいたエクスプロイトなどには結構な時間を使って学習してきました


もちろんターンやリバーでのプレイなども勉強してきましたが、特にプリフロップやフロップに関しての考え方などは実際にプレイするにあたっての入口の部分なので、あまりPLOの戦略や情報が普及していない日本のニーズにあったコンテンツ作りができるんじゃないかと思います。



やるからには自分の持っている知識やゲームへの取り組み方を、3MPCさんでの活動を通じてしっかり正しく日本のプレイヤーさんに伝えて、このPLOというゲーム、延いてはポーカー界全体を少しでも盛り上げるお手伝いが出来たらと思います!


自分もこれからも勉強を続けて行きますので、どうかよろしくお願いします!




最後にクイズです!

ポットリミットオマハのプリフロップについて!

なにも記載がないものに関してはレーキ条件5%1.35bbキャップ(例えば$1-2なら$2.7ドルキャップ)

100bb持ちの6maxキャッシュゲームとします!


PLOをやった事ない人も、気軽に解いてみてください!


①  HJでK♦️K❤️9♦️3♠️ 

A.3.5bbオープン B.2.5bbオープン  C.フォールド


②UTGでA♦️A♠️ A❤️6♣️

A.3.5bbオープン B.2.5bbオープン   C.フォールド



③BTNで A♦️Q❤️2♦️2❤️    COの3.5bbオープンに対して

A.12bbに3bet   B.コール  C.フォールド


④BBでK♦️K♠️Q♦️8♠️ 

 BTNの3.5bbオープンに SBが11.5bbに3bet 

BBのアクションは

A.38bbに4bet B.コール  C.フォールド


⑤BBでK♦️K♠️5♦️4♠️

BTNの3.5bbオープンにSBが11.5bbに3bet

BBのアクションは

A.38bbに4bet B.コール  C.フォールド


⑥50PLOz(5%4bbキャップ)

 UTGで3.5 BBオープンしたらMPのプレイヤーが12bbに3bet

3betにfoldする頻度は大体どれくらい?

A.0% B.15%  C.25% D.40% E.50%




正解は、、、













① C   ②A   ③B  ④ C  ⑤B  ⑥E

になります!



もちろん例外となる状況もありますが、均衡解的な正解はこれでおそらく合っていると思います。



こちらのクイズの詳細な解説は、3MPCのサイトを通して順次やって行こうと思います!

ご興味ある方は是非、ご入会いただけると幸いです!

https://www.3million-pokerclub.com/pages/lp-202010


僕の出す動画などは、すでに月額会員の方は今のところそのままご利用頂ける予定です!

また、マンツーマンでのPLOに特化したコーチングもサービスとしてローンチさせていただくことになりました!

https://www.3million-pokerclub.com/collections/coaching

 

まだ登録していない方いらっしゃいましたら、NLHEやMTTをプレイしている方にとってもかなり上質なコンテンツが揃っていると思いますのでこれを機会に登録して頂けたらなと思います!


それでは皆さん、次は3MPCで会いましょう!

多くのプレイヤーの皆様と3MPCで交流できることを楽しみにしております!!